なぜ勉強するのか。なぜ勉強するのか、それは頭で分かっていても、心に「勉強しなければ、勉強したい」と感じなければ、行動することが難しいというのは、おそらく高校生なら誰しもが経験する悩みだと思う。
今日は、理論的に、~だから勉強しなきゃ、…のために勉強がんばって!と鼓舞するような記事ではなく、「心に訴えてくるもの」がある、と感じたあるスピーチを紹介しよう。

今日は、観ている人もいるかもしれないが、NHK「スーパープレゼンテーション」で放送された、ある人のスピーチだ。番組の紹介は割愛する。


• 5.13 ON AIR
• Sugata Mitra
• スガタ・ミトラ
• The child-driven education
• 「子どもたちは自ら学ぶ」
英語リスニングの勉強もかねて、聴いてみて欲しい。
↓こちらのNHKの方は、時間が経つと配信が終わってしまう
http://www.nhk.or.jp/superpresentation/backnumber/130513.html 日本語訳付き
↓こちらのTEDの方は、おそらくいつまでも見れると思う。日本語訳付き


できれば、スピーチを聞き終わってから、この記事の続きを読んでほしい。








お疲れ様でした。

英語は聞き取れましたか?

どんなことを感じましたか?

私(ワセモン)は、普段は高校生に勉強を教える仕事をしているので、勉強したくない人がどうやったら勉強する気になるのか、ということについてよく考えて過ごしています。

おそらくこの「早稲田門」のHPを見て、さらにこの記事までたどり着いて読み進めている人はおそらく、「早稲田に行きたい」という思いが、強く、もしくは漠然とあることでしょう。そういう人は、おそらく日本全国的に見ると、ほんの一握りだということが、教師になるとわかります。

専門学校に行きたい人もいるし、就職する人もいる。大学には、「行けるところ」「楽して入れるところに入りたい」と思っている人も、沢山いるのが現代の日本だと言えるでしょう。

今年の3月、NHKで、東大生とソウル大生と、インド工科大学生が同時通訳で「勉強すること」について議論する、という深夜番組がありました。

東大生でさえ、東大に入れば、テスト前を除いてほとんど勉強しない。大学に通う間も、その番組に出演していた3人の学生は、部活やサークル、アルバイトなど、人付き合いなどに中心を置いていると話をしていました。

番組が終わって、ソウル大の学生が、「東大生があまり勉強していない、ということを知って安心した。これで韓国は、日本よりも世界で活躍する国になる。」と、笑顔で話をしていました。「国の発展や、国際間の競争」に心が向いていることがよく伝わってきました。

おそらく日本も、20年前まではそうだったのではないかと思います。1960年に高度経済成長期になり、所得が倍増し、終身雇用であり、いい大学へ行き、いい企業に就職すれば、いい結婚もできる。銀行も、女性の場合は、顔が良ければ採用されて、入社して、社員と結婚すれば寿退社する、ということも珍しくなかったそうです。

しかし、バブルが終わり、失われた20年といわれるこの平成の時代を生きている現代のみなさん、高校生、そして大学生にとっては、「目に見える形」で勉強をすることの目的や、
その利益、のようなものを見つけられなくなっているのではないかと思います。


そんな中、今回のスガタ・ミトラさんのスピーチを紹介したことには、あまり難しい理由はありません。


子どもたちの「好奇心」に、純粋に驚かされたからです。

スピーチを聞いた人は、驚きませんでしたか?

「子どもが持つ、学ぶ力」それが「好奇心」だと思います。


みなさんも、このHPを見るまでに、自然と身に着けてきた能力があります。
正確に言うと、何がしかの教育を経て、この文章までたどり着きました。

文字を読むこと。パソコン、もしくは携帯を操って、インターネットにコネクトし、このサイトを目的を持って、もしくは偶然に探し、この記事と出会い、興味を持ち、読んだのです。

私は、この記事を読むよりも、スガタ・ミトラさんが紹介した子どもたちの様子を見て、何か感じて欲しいという思いで、「なぜ勉強するのか」というテーマで紹介しました。


私も高校生に勉強を教えながら、どうやったら勉強する気にさせるのか悩んでいる、と伝えましたね。

まだ、ベテランという程に経験は積んでいませんが、自分なりの答えを持っています。

それは「楽しむ」ということです。まずは自分が楽しむ。自分が、この授業はいい授業だ、そこに挑戦する。そして、それを目の前の生徒たちにぶつけていく。

すると、こういう反応が返ってきます。


「先生、本当に歴史好きなんだね」
「楽しそうに授業している先生を見るのが、楽しい」
「歴史は暗記だと思ってて、嫌いだったけど、何か好きになった」
「先生の授業は、何か、人として考えさせられる。勉強になる。」


ありがたいことです。

教えるために、先生も沢山勉強します。

自分が勉強する先に、教えることで目の前の若者たちに還元して、それを受け取って、何かを感じ、何かを返してくる、もしくは、吸収した知識によって感化され、変化し、成長していこうとする姿をみられる。それが、授業の最高の醍醐味だと感じています。

自分が刷新される分、その醍醐味は予測不可能なほど増していく。だから勉強は楽しい。

私は、目の前の高校生たちよりも子どもなのかもしれない。

TVを観るにしても、本を読むにしても、「へ~、こうだったのか」や「思い違いをしていた」そんな衝撃を受けることが少なくない。そしてそれが、自分の仕事、自分の生活に直結している。

これは、教育を生業にしているから言えることではあるが、

おそらく、どの仕事をしても、どこで暮らしても、何歳であっても、

何かを「学び」何かを「教える」というのは、地球全体で、自然に、当たり前になされていることなのではないかと思う。

受験、テストの点数、それがこれを読む人にとっての至上命題だというのは、よく理解している。

でも、それだけ、大学に合格するということだけを目的にすると、少し、窮屈なのではないだろうか。


「誰でも、おさない子どものような心を持っていなければ天国に入れない」
という格言があるが、

それは、今回紹介したスピーチになるように、純粋で、どんなことでも吸収する力がある、子どものようであってこそ、固定観念にとらわれず、変化に富んでいて、新しいこと、必要なことを感じ取って、変化していくということをあらわしているのではないかと思う。


これから、車の運転も覚えたり、料理も覚えたり、税金のことも覚えたり、就職して仕事を覚えたり、運命の人と出会って結婚生活を始め、家庭を持ち…そうやって人生の時は、止まることなく進んでいきます。そしてその時間のすべての中に、意識的に、もしくは無意識的に、学びがあります。

今は、「点数」という絶対的で、残酷な現実が突きつけられる勉強に縛られている分、
その苦しさ、負担、ストレスはよくわかりますが、それさえも、人生の1つの通り道にすぎません。

時間は有限であり、実力という現実に、打ちひしがれる時もあるかもしれませんが、
「宿命」だと思って気負わずに、大きな心を持って、自分の成長のために、人生の望みとする「実」を刈り取るために、楽しく、努力してみたらどうでしょうか。

「なぜ勉強するか」について、引き続き連載していこうと思います。ワセモン。







> > 早稲田大学受験生の情報サイト-ワセモン

コメントお待ちしております!