【ワセモン学部紹介】

国教の紹介を少しすると、「留学」というのがやっぱり大きなアドバンテージです。

○長所
正直国教のプライオリティは「留学」以外ないと思ってます。他学部からも留学できますが、留学のしやすさが半端じゃないです。これは他学部の学生を見ていてとても思います。国教ほど自由に留学できる学部は日本中探してもそう多くありません。僕も今留学していて国教の良さを感じているところです。

あと「真面目に」勉強していれば留学前までにそれなりの英語力がついて、それを留学先で一気に伸ばすことができます。このご時世で英語はやっぱり将来のキャリアの上で大きな武器になるかとは思います。

○短所
英語が嫌いな人(苦手な人でなくて)には苦痛でしょうね。英語で授業受けなきゃいけませんから。あとは専門性出したい人にとっても、なかなかおすすめできる学部ではありません。もし専門性を持った勉強がしたいなら院に行くことを前提に、学部時代はさまざまな科目に触れておくのがいいと思います。

上に書いたことと反しますが、国教に来たら英語ができるようになるわけではないです。努力しなかったらやっぱりそのまんまです。楽な授業は楽だし。留学先行ってもどうせ日本人とばっか行動してるしで。

○勉強していること
国教は上にも書いた通り専門性がないですが、裏を返せばいろんな勉強ができるのが魅力的です。自分は今までに「言語学」「社会学」「国際関係学」「政治学」「歴史学」「宗教学」など様々な科目を学んで見識を広げることが出来ました。

また留学先では、日本よりもはるかに勉強させられるので(これも現地の授業を真面目に受ければの話ですが)、なかなかいい経験になると思います。

○よく聞かれる質問
Q「純ジャパなんですが、国教の授業についていけますか?」
ついていけます。僕が証拠です。英語が特段出来るわけでもない純ジャパですが成績は他の人よりいいですよ。まず国教の授業についていけないようなら留学なんかできません。

というか僕は思うんですね。「ついていけない」くらいの環境が一番いいんじゃないかと。そりゃもちろん自分が周りより出来ないところにいたら努力しなくちゃいけないし、大変です。劣等感も感じるでしょう。でもそうやって飛び込んでいかないといつまでも成長しませんよね。

国教でも英語できないやつなんか山ほどいるので、さほど気にしなくていいです。ただ、大概彼らは英語力を伸ばそうとする努力をしないので、卒業しても英語できないまんまです。入学時は英語全然できなくて、泣きそうになってもいいんです。卒業するときに英語が使いこなせるようになってれば。

受験英語は得意だった僕も国教に入ったら挫折したもんです。TOEFLにも泣かされました。でもやっぱ努力しないとそのままだと思ったので、頑張りました。というか今、頑張ってます。

代表的な質問をまとめた記事があるのでそちらもどうぞ!

http://ameblo.jp/wasemon-world/entry-11530674913.html

○最後に一言

でね、あと国教において、というか何でもそうだと思いますが、英語は単なるツールです。英語で何を学び、何を発信するのか。ペラペラ話せることよりも、ゆっくりでいいから「何を話すか」が重要です。この中身がない人間はやっぱり、どこに行っても使えません。日本語だろうが英語だろうが。

あなたの人生を変えてくれる学部になるのは間違いありません。すごいattractiveでexcitingなおかつunusualな学部だと思います。結局は自分次第なので何とも言えませんが、自分が努力をするならかなり可能性も広がります。ぜひ大きな野望を持って^^


> > 早稲田大学受験生の情報サイト-ワセモン

コメントお待ちしております!