『自分の性格の向き合い方』連載、第四弾

第4段
自分の性格について以前より意識するようになってきた皆さんへ
今日はいきなり質問から入ります
自分の性格って 生まれつきだと思います?
それとも後から身に付いたものだと思います?
これは私がヨーロッパに留学してたときのことです
そこには
ロシア人 スイス人 ドイツ人 フランス人 アメリカ人 他にも様々な国の人たちが 同じ授業を受けてたんです
すると毎回そこではいろんな議論が交わされるんですが
最後まで議論が白熱するのは 決まってドイツ人達なんです
あとのみんなは もう一通り意見出したし納得したから 次の話題に移ろうよ~って半ば話題に飽きてるんだけど
そんな空気はおかまいなしでドイツ人たちの議論が止まらない(笑)
自分が納得するまで自分の意見を伝えてました
私はいっつも口をあんぐりあけて 彼らのやりとりをひたすら聞いてましたね~(–;)
このとき私は「民族性」というものを強く感じましたよ
カルチャーショック!
ドイツでは小さい頃から 自分で物事を考え 自分で考えたことを相手に明確に伝える という教育が徹底されているようで 噂には聞いていたけれど ほんとにそうだったね― みんな強者揃いだわー って感服しつつちょっとびびってしまいました
だって私には
日本の政治はどんな政治なんだ?
日本人は何を信じてるんだ?(宗教のことね)
って日本の学生があんまり質問しないような質問ばんばんしてくるし
えっと~ 政治詳しくないしなー
日本に宗教いろいろあるけど外国語で説明しにくいしな~ なんて言おう困ったなあ
ってしどろもどろ
自分たちは プロテスタントだ カトリックだ どっちがどうだああだって 白熱してて あっけにとられてましたね(苦笑)
あとですね、
日本人は教室で誰かひとりぽつんとしてると
誰かが心配して 「一人は心細いかな」って気を利かせて話しかけたり とかあると思うけど ヨーロッパの人たちは発想が違う
あの人は自分から一人になることを選択してるんだから 一人の時間を邪魔しない
相手が話したくなったら自分からこっちに来るだろうから そのままにしておこう
って考える人の方が多いみたい
個人の意見を大切にして育てられた彼らならではの優しさですよね―
いや―またまたカルチャーショックでしたよ
話がそれましたがこの2つのエピソードを通して 何が言いたかったかというと
私たちは
小さい頃から 国や民族、自分の親や家族が 何を意識して自分を育てるかによって
自分の生き方や考え方が影響を受けるので
自分本来の性格に加えて
後から身に付けた性質というのもある
ということです。
環境や保護者を通して得た性質は 良いものはどんどん伸ばせばいいし
逆にあまりよくない習慣 (自分を責めること、卑下すること、嫉妬深いとかついかっとなって他人を傷つける言動をとってしまうetc)
があるなら、自分次第で取り除いていくことができる
ということなんです。
だから長所はどんどん褒めて ますます伸ばしてあげながら
短所については 少し深く掘り下げ どうやったら取り除いていけるかを 次回以降考えていきましょう!
話が少しずつ深くなっていきますよ―。 しっかりついてきてくださいね―(^-^)



『自分の性格の向き合い方』連載、第三弾

皆さんご無沙汰です。(そうでもないかな?)
自分の長所を声に出して(または心の中で)心から褒める

っていうことを毎日続けてみました?

続けてみた方はどうでしたか?

なになに?

最初は照れ臭いし嫌だったけど
続けていくうちにちょっとずつ楽しくなってきました?

それは何よりですー!

褒め続けることで少しずつ自分の良さに気付きました?

すばらしい(*^o^*)

新たな自分を発見したり
以前より自分について肯定的に受け止められるようになりました?

気付きがあるのはとても良いことだと思います!


実は1ヶ月というのは一生の中で考えたらとても短い歳月です。

人が自分の良さに気付いたり自分を変えていくには
数ヶ月、数年とかかりますが
その一歩一歩が大事です。

焦らず、諦めず今後も少しずつ続けていきましょう。

そして、自分を褒めること忘れてた方いますか?

なになに?

最初は意識してたけど
日常生活に追われて忘れちゃってました?

そうですよね~
私もそういうタイプです。

気合いは十分だけど大概三日坊主。

日常生活のバタバタに追われると
自分を褒めることとか
すっかり頭から抜けてあっという間に夜になっちゃうんですよね。

社会人になって仕事忙しくなるとなおさらそうです。

まあ、当たり前といえば当たり前です。
ここでちょっと気付いてほしいことがあります。

私たちは自分を褒めてない時間がほとんどですよね。

じゃあ自分を褒めてない間は何を考えてたと思います?

受験のこと
勉強や授業のこと
友達のこと
友達とのやりとり
バイトのこと
テレビやゲーム
いろいろ
考えてたらあっという間に過ぎてしまいましたね。

24時間の時間の中で自分の気持ちや自分の感情の動きについて考えることって
どれくらいありましたか?

あの人がああだこうだ
とか
あの勉強がどうのこうの
これやりたい
あれやりたい
これがやだ
あれがやだ

っていう思考は結構多いけど

自分の気持ちをじっくり味わう
とか
自分の性格についてじっくり考える時間って
案外短くないですか?

そこがみそです。

なにがみそかというと、私たちは

「自分」中心に生きているようでいて
「他人」や「他のこと」を考えながら動いてる時間が多いんですよ―。
驚き。

別にこれが悪いと言ってるんじゃないんです。

つまり意識しないと
自分について深く知ることは難しいってことなんです。

たかが自分なのにね
されど自分

あなどるなかれ自分です。

いかに私たちが
自分について考える時間が短いかわかったので

次回の記事までに

自分の長所をより意識してほめてみてくださいね―

次回またステップアップしていきましょう(^o^)/


では今日はこの辺で☆



『自分の性格の向き合い方』連載、第二弾

自分の性格の向き合い方

第二弾です。

いきなりですが皆さん宿題してきましたか?

え?やってない?

めんどくさくて?

宿題あったっけ?

今まで宿題っていうものを提出できたことない?ふむふむ。
あー、大丈夫です。

私もたいてい宿題の存在忘れて遊んでて
教室でみんなが提出し始めた時に
驚いてその場で慌てて宿題してぐっちゃぐちゃな提出物出してた人なんで(苦笑)
そういうの昔っから慣れてますよ―。


はいじゃあ今から宿題書いてくださいね。

自分の好きな性格10個と

自分の嫌いな性格10個

できるだけ具体的に。

書けましたか?

10個も思い浮かばない?

なるほど。

じゃあ、とりあえず書けた分だけで大丈夫です。

では本題入ります。
皆さんが書いた
自分の好きな性格書けた分だけ

声を出して読みあげてみてください(^-^)

全部読みあげました?

えー、そんな棒読みだめですよー。

もっと心をこめて
本当にこの性格ステキだなって実感しながら言ってみてください。

はいもう一回。

え?周りに人がいるからできない?

照れ臭いしきもい?

じゃあ
一人になれる場所で小さな声でいいから心をこめて言ってみましょう。

言ってみました?

言ってみてどうでしたか?

言ってるときや
言った後はどんな感覚でしたか?

こんな風に心から自分を誉めたこと
あんまりなかったですか?

嬉しいような居心地悪いような?

そうですね。

普段自分で自分をあまり褒めてないと
居心地悪かったり気持ち悪いとすら感じるかもしれません。
でもね、
自分の性格を直したい
とか
性格を変えたいと思っているなら

なおさら

自分の良い部分に目を向ける必要があるんですよ。

性格を磨きたいなら
まず自分を好きになることから始めないとなんです。

自分ってこんないいとこあったんだー

すごいじゃん

頑張ってるじゃん私。

こんなにいい自分
がいて良かったあ

自分で自分にありがとう

と心から言えるようになること

これがまじ大事っす。

お風呂入ってるとき
トイレ中

一人でいるとき

いつも自分の良いところを思い出して

声に出したり
頭で考えたりしてみてください

とりあえず毎日。
最低1ヶ月は続けてみましょう。

では第二弾はこの辺でさよならします。
次回会うときに
やってみてどうだったか教えてくださいね―(*^o^*)

わくわく。






「自分の性格の向き合い方」連載!

【筆者紹介】
初めまして。
社会福祉士として知的ハンデをもつ大人達の就労支援や生活支援に取り組むんでいる女性です。
以前は知財関係のお仕事してました。
趣味は旅行。
アメリカとヨーロッパに留学経験あり。将来の夢は福祉界のグローバル化です☆お仕事でも留学でもプライベートでも大事になるのは本人の人格。
だから学生のときから自分磨きをしていきましょう(*^o^*)

【性格の向き合い方】

このタイトルを見て反応している方は

「自分を変えたい!」

って感じてたり

「何で私って(俺って)こうなんだろう?」

って疑問に思ったり
友達関係等々で壁にぶつかったりしたことがあるのかもしれません。

え?どうしてそう思うかって?

だって特に何か困ることがなければ

人ってそんなに自分の性格について深く考えないと思うんです。

生活の中で
誰かと意見や感覚、好みが違って
違和感を感じたり

自分の気持ちをうまくコントロールできなくて
対人関係で失敗しちゃったり

他人と自分の性格の違いを意識したり

羨ましく思ったり

そんな経験が少なからずあって

それらが

「私ってどうしてこういう性格なんだろう」

っていう問題意識につながってるんじゃないかと思うんです。

前置きが長くなりましたが

この記事では

何回かにわけて
(10回くらい連載予定!?)

自分の性格の向き合い方

について書いていこうと思います。

なんで何回かに分けるかというと

自分の性格に向き合うにも

順序があるというか
導入から始まって
ちょっとずつ
ステップアップが必要なんです。

なので今日は軽く導入。

「自分のこういう性格変えたい!」

って思ってる方も

「えー別に私性格変えようと思ってないしー」

という方も

「今の自分大好き!」

っていう方も

みーんなに宿題です。

誰にも見せなくていいんで

自分の性格で
こういうところステキじゃない、かっこいいじゃんって思うこと

10個(できるだけ具体的に)



この性格はちょっと直したいな~
自分でもやだなって思う性格
10個(具体的に:こういう場面でついこうしちゃう、こう考えちゃうところとか。)

紙に書いておいてください。

この20個をもとに

ちょっとずつ
いろんな自分と向き合ってみて

何が見えてくるのかを一緒に考えていきましょう(*^o^*)

自分の性格を知ることで

今後の学生生活も
その後の社会人生活も
将来の家庭生活も
あなたの人生も
変わってくると思います。

どうせ生きるなら
楽しく幸せに生きたいですもんね♪

では次回またお会いましょう。

殴り書きでいいから宿題やっといてね―。