『キャンパスについて知りたい』~国際教養学部~

【ワセモン学部紹介】

国教の紹介を少しすると、「留学」というのがやっぱり大きなアドバンテージです。

○長所
正直国教のプライオリティは「留学」以外ないと思ってます。他学部からも留学できますが、留学のしやすさが半端じゃないです。これは他学部の学生を見ていてとても思います。国教ほど自由に留学できる学部は日本中探してもそう多くありません。僕も今留学していて国教の良さを感じているところです。

あと「真面目に」勉強していれば留学前までにそれなりの英語力がついて、それを留学先で一気に伸ばすことができます。このご時世で英語はやっぱり将来のキャリアの上で大きな武器になるかとは思います。

○短所
英語が嫌いな人(苦手な人でなくて)には苦痛でしょうね。英語で授業受けなきゃいけませんから。あとは専門性出したい人にとっても、なかなかおすすめできる学部ではありません。もし専門性を持った勉強がしたいなら院に行くことを前提に、学部時代はさまざまな科目に触れておくのがいいと思います。

上に書いたことと反しますが、国教に来たら英語ができるようになるわけではないです。努力しなかったらやっぱりそのまんまです。楽な授業は楽だし。留学先行ってもどうせ日本人とばっか行動してるしで。

○勉強していること
国教は上にも書いた通り専門性がないですが、裏を返せばいろんな勉強ができるのが魅力的です。自分は今までに「言語学」「社会学」「国際関係学」「政治学」「歴史学」「宗教学」など様々な科目を学んで見識を広げることが出来ました。

また留学先では、日本よりもはるかに勉強させられるので(これも現地の授業を真面目に受ければの話ですが)、なかなかいい経験になると思います。

○よく聞かれる質問
Q「純ジャパなんですが、国教の授業についていけますか?」
ついていけます。僕が証拠です。英語が特段出来るわけでもない純ジャパですが成績は他の人よりいいですよ。まず国教の授業についていけないようなら留学なんかできません。

というか僕は思うんですね。「ついていけない」くらいの環境が一番いいんじゃないかと。そりゃもちろん自分が周りより出来ないところにいたら努力しなくちゃいけないし、大変です。劣等感も感じるでしょう。でもそうやって飛び込んでいかないといつまでも成長しませんよね。

国教でも英語できないやつなんか山ほどいるので、さほど気にしなくていいです。ただ、大概彼らは英語力を伸ばそうとする努力をしないので、卒業しても英語できないまんまです。入学時は英語全然できなくて、泣きそうになってもいいんです。卒業するときに英語が使いこなせるようになってれば。

受験英語は得意だった僕も国教に入ったら挫折したもんです。TOEFLにも泣かされました。でもやっぱ努力しないとそのままだと思ったので、頑張りました。というか今、頑張ってます。

代表的な質問をまとめた記事があるのでそちらもどうぞ!

http://ameblo.jp/wasemon-world/entry-11530674913.html

○最後に一言

でね、あと国教において、というか何でもそうだと思いますが、英語は単なるツールです。英語で何を学び、何を発信するのか。ペラペラ話せることよりも、ゆっくりでいいから「何を話すか」が重要です。この中身がない人間はやっぱり、どこに行っても使えません。日本語だろうが英語だろうが。

あなたの人生を変えてくれる学部になるのは間違いありません。すごいattractiveでexcitingなおかつunusualな学部だと思います。結局は自分次第なので何とも言えませんが、自分が努力をするならかなり可能性も広がります。ぜひ大きな野望を持って^^



『キャンパスについて知りたい』~社会科学部~

[ワセモン学部紹介]

社会科学研究科修士課程一年 ファイヤー坂本



[社会科学部とは]

かつては「ゆとりの社学、夜間の社学」と揶揄されてきた社会科学部だが、今や早稲田の三大学部の一つと言っても過言ではない程までに成長し、受験倍率も年々上昇しているホットな学部である。この社会科学部では一体何を学ぶことが出来るのか。その問いに答えは存在しない。敢えて言うなら「何でも学ぶことが出来る学部」であることが社会科学部の最大の魅力だ。

 社会科学部では四年間で124単位を履修する必要がある(年間40単位まで履修可能)のだが、そのうち必修単位(通称「コア科目」)は20単位と他学部より比較的少なく、その分自分の興味のある分野への勉強に集中することが出来るのだ。政治学・法学・情報科学・商学・人文科学・経済学など、これ以外にも学べる分野は多岐にわたる。二年次からはゼミナールに所属することになり、自分の極めたい専門分野の勉強を更に深めていくことも出来る。

 どうだろうか?無限の可能性に満ちた学部であることがお分かり頂けたことと思う。大学に入る前から自分の学びたいことが決まっているならばそれに越したことはないが、多くの受験生はまだ自分が学びたいことや、将来のビジョンを描ききれていないのが現状ではないだろうか。しかしそのことは全く悪いことではなく、それだけ可能性に満ち溢れているということなのである。だからこそ社会科学部であれば、様々な分野の勉強・体験を通じて、君の秘められた可能性を開花させるに一番相応しい学部であると言える。

 早稲田の杜にて君を待つ!!



『キャンパスについて知りたい』~文化構想学部~

【ワセモン学部紹介】
文化構想学部 Hさん

 以前は夜間の第二文学部が、新しく文化構想学部になりました。文化を構想? 何をやるんだろうと思いますが、一言でいうと、文学部で勉強することを、もっと広く、横断しながら考え、一つの分野では解決できないことを新しく考えていこう、その力を養おうという感じです。

 そのため、勉強できることはとにかく幅広いです!個性豊かな先生が多くいて、連携をとって進めているので、今までできなかった分野を横断したり、新しい切り口であることを研究することができます。こんなことも学問と呼べるんだと思うような、新しくて面白い授業があり、研究ができる学部だと思います。




[4年間スケジュール]

1年→必修が多い:英語、第二外国語(独・仏・伊・西・中・韓)、基礎演習。

2年→論系に分かれる。必修がなくなり、自由に授業を選べる。

3年→ゼミへ入る。(or卒業研究)

4年→ゼミ論完成へ。(or卒業論文) 




[文化構想学部で良い所]

 2年生から全く必修がなくなり、自分の好きな通りに時間割も組めることもあり、とても自由な学部です。

 やりたいこと、将来の夢、興味のあることが幅広くて決められない、自分が何をしたらいいかわからないといった人でも、1年生で大学に入って視野を広げてから考えて論系を決められるのでとてもいいです。

 1年生のときに、第二外国語が必修で週4コマあり、大学ですがクラスのように毎日会うのですぐ仲良くなります。2年生のときから論系に分かれます。1年生のときはまだ分かれず、いろいろな授業をとりながら自分がどの論系に進みたいのか考えます。



『キャンパスについて知りたい』~法学部~

【ワセモン学部紹介】
早稲田法学部 Nさん

どんなところ?
・1年間取れる授業数の上限が決まっている為、法学部であっても勉強に忙しくはならない。
みんなバイトやってサークル行ってノビノビやりたいことをやっている。ただテスト前は他学部に比べ、忙しいと感じる。
・早稲法は特に英語や第二外国語、留学プログラムに力を入れている。
・法学部は大学卒業後、どこに進むとしても、つぶしが効くというか、何にでも応用できるとよく言われる。
学部時代学ぶのは、知識よりかは、リーガルマインド(論理的思考)と言われている。
・他学部でも法律科目の基本は勉強することはできる。
法律を中心に勉強したいなら法学部がいいと思われる。
・弁護士など、ロー志望の人は、一年生の時点で3割、四年生くらいになると1割を切るらしい。

大まかなスケジュール
一年生
民法憲法刑法の基礎を中心に勉強する。


良かったこと
・他の学部にはない、法学部内のサークルがある為、入学時、同い年の友達はもちろん、先輩ともすぐに繋がることができる。
・法律科目だけでなく、一般の教養科目も取れ、基本、勉強したいことを勉強できる。
早稲田は、オープン科目という他学部の授業も取れるシステムもあるので、法学部だから法律だけしか勉強できなそう!とかの心配はしなくていい。


高校と大学は全くと言っていい程、別世界です(^^)
大学は、多くの人と出会い、多くの考え方、価値観に触れられる素晴らしい環境です(^.^)
早稲田はいろーんな人がいるので、すごい楽しいと思います(^o^)
早稲田の現役生に話を聞ける環境を大切にして、モチベーションを高くして、頑張って欲しいです!
大学生活に希望をもって頑張って下さい!!



『キャンパスについて知りたい』~人間科学部~

【ワセモン学部紹介】
人間科学部 Kさん
人間環境学科、人間情報学科、健康福祉学科の3つの学科があります。

人間科学部は人間を科学的な視点から勉強する学部です。

人間を身の回りの環境状況(自然、建築、文化、心理、生命倫理など)から研究したり、現代社会では避けられない情報の面(プログラミング、データ解析、など)から研究したり、人間がより良く生きていくための心理、精神面や健康面や福祉面から研究したりします。

人間に関わることなら何でも勉強できるのが人間科学部です。



『キャンパスについて知りたい』~商学部~

【ワセモン】学部紹介
商学部 スマートヤマダ

商学部は他学部の生徒にチャラ商と呼ばれるカワイソウな学部。でも実際は卒業必要単位数が全学部トップクラス!チャラチャラしてるやつは留年なんだぜ。じゃあ毎日勉強で忙しい?そんなこたぁない。君のやり方次第では楽商(楽チンな商学部、楽しい商学部)にもなりえる。要領の良い先輩に沢山学ぼう!情報は君の大きな武器だ。なんとこのサイトでは”キングオブ要領”の私が君に直接コーチをすることも可能なのである。是非有効に使ってくれ!
商学部は一部のチャラ人が目立つかもしれないけど、実際は様々なタイプの学生が生息している。意識高い系や、変人系、聖人系、天使系など、個性豊かなどうぶっ、、いや学生達が君を待っている。彼らは一癖も二癖もあるツワモノたちだが、”個性的”これは彼らにとっては最高の褒め言葉だ!ありきたりなキャンパスライフはごめんなそこの君、当動物園への入園をお待ちしております。



『キャンパスについて知りたい』~先進理工学部~

【ワセモン学部紹介】
先進理工学部 トリケラトプスさん

[先進理工学部ってどんなところ]
最先端の理学・工学・医学の分野を学ぶことができます。また、その分野を合わせた融合領域もあります。どの分野を勉強するかを、入学前に決めてくる人もいれば、どの分野を勉強したいのかわからないから、とりあえずいろいろ勉強してみて、自分に合っている分野を見つけようと入学してくる人もいます。幅広く学べるのは先進理子医学部の特権だと思います。

[4年間のおおまかなスケジュール]
(1年生)⇒多くの分野の基礎的な内容を学ぶ。
(2年生)⇒一年生の時に引き続き基礎的な学問に加え、専門分野の勉強が少しずつ入ってくる。
(3年生)⇒自分の興味のある分野を専門的に勉強しながら、実際にどの研究室に入るのか三年の終わりの時期には決める学科が多い。
(4年生)自分が入った研究室で研究を行う。また同時に就職活動もある。(早い人は3年の12月頃から始める。)

[先進理工でよかったこと]
入学当初は自分に向いている分野がわからなかったので、将来のことも全くイメージができませんでした。しかし、四年間、多くの分野を勉強しながら自分が向いている分野、向いていない分野が見えてくるようになりました。
高校生のみなさんも、今は自分に何が向いているかわからない人が多いと思いますが、そんなに心配することはないと思います。多くの大学生が大学で勉強しながら自分の得意分野というものが見えてくるものです。
大事なのは自分自身に隠された才能を見つけ出すことであり、そのための努力を惜しまないことだと思います。